• 井下 泰伸

オペレーションルーム

更新日:10月5日

群馬県危機管理 センターオペレーションルームの 運用を本日10月1日から運用します。

県庁7階に常設される 500㎡のこの部屋には 最大150名の関係者が参集でき

自然災害や テロ等の危機事案発生時に活用されます。

平時は市町村向けの防災研修会場や 小中学校の防災教育に活用されます。

従来は 災害発生の第一報を受けて 県庁1階ホールに机や情報機器を 運び込んだことを考えると

災害初動からフルスペックで 対応できます。





3回の閲覧