• 井下 泰伸

県立小児医療センターと心臓血管センター

議長・副議長で県立4病院を回りました。 県立小児医療センターと心臓血管センターの 調査の模様を報告します。 小児医療センターは 未熟児や難病など小児の専門病院として 心臓血管センターは 本県の心血管疾患医療の最後の砦として 機能しています。 1,000gに満たない未熟児を見舞い 改めて 本県における 妊婦への対応も含めた 新たな総合周産期医療センター設置の必要性を 強く感じました。 こどもを産み育てるなら群馬県 その実現のためには 母子ともに安心・安全に こどもを産める環境整備の必要性を 強く感じました。 現場の話を直に聞くことで 課題も見えてきます。


閲覧数:9回